ウェディング

正しい婚約指輪の選び方|プロポーズを成功させよう

プロポーズで迷ったら

装飾品

迷ったらする決断

プロポーズをしたいと思ったときには婚約指輪を準備するのが常套手段です。適切な場面を作って、婚約指輪を渡すことによってプロポーズをするというのは結婚を申し込む際の基本的なアプローチであり、男性であればその給料の三ヶ月分程度のしっかりとして指輪を手配するのが慣例となっています。しかし、どんな婚約指輪を渡すと良いのかということで迷ってしまうことも少なくありません。そういったときの近年のトレンドのテクニックとして覚えておくと良いのが、仮の指輪を準備するというものです。ある程度の見栄えがするものであればどんなに安くてもよく、まずはそれでプロポーズをします。そして、そのときに一緒に買いに行こうという約束をするというのも意外に受け入れられるのです。

失敗のない方法

せっかく大枚をはたいて婚約指輪を買ったのに、相手に気に入ってもらえなかったら愕然としてしまうことになるでしょう。女性としても自分の気に入ったものを身につけたいという心理があるのが事実です。その二つの面において失敗がないのが一緒に買いに行くという方法の特徴となります。しかし、プロポーズの場面で指輪がないというのは寂しいものです。そのために仮のものであっても準備しておいて、大事な雰囲気作りをするということが大切になります。そうすることによってプロポーズを一生忘れない場面として互いに記憶していけるようになるでしょう。そういった演出も大切なのがプロポーズであり、こういったアプローチをとることでその演出もクリアできます。